読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

監視カメラすり抜けてKiss

ポップでキュートな夢見るジャニオタ

君が好きだと叫びたい

ジャニーズJr. 岸優太 平野紫耀

 

 

スラダンかwww

 

はい、というわけで(?)なぜか前回もったいつけていた、いま担当と呼びたくて仕方ない、すきだと叫びたくて仕方ないジャニーズJr.のMr.KINGの平野紫耀くんと、Princeの岸優太くんについて今回は書きたいと思います。

 

彼らを認知したのはSexy Zoneをすきになって、少年倶楽部を見始めてからなので本当にここ2、3ヶ月くらいの話です。元々Mr.King vs Mr.Princeは認知していました。「ジャニーズJr.の人気者たちで新しいグループができたんだなあ。オールスターで踊らされるなんてかわいそうだなあ。」と。だって野球の祭典にジャニーズなんて明らかに部外者だしww

でも、メンバーまでは知りませんでした。そんな中何故か神宮寺くんだけ認知していたわたしww「わたしも知ってるくらいだから」という理由で、神宮寺くんがジュニアで一番人気だと信じて疑いませんでした。そんな中少クラを観るようになり、キンプリはいまではMr.KINGとPrinceに分かれて活動していることを知ります。正直最初はどっちがきんぐで、どっちがぷりんすかわかりませんでした。ただ、風の噂で推されているのはぷりんすよりきんぐだと聞いたわたしは、「じゃあ、神宮寺くんはきんぐだな」と安易に考えていました。ぐうじさんのことなんだと思ってたんだよwww

しかし、衝撃的なことに神宮寺くんはぷりんすでした(そりゃそうだ)。そんなぐうじさん至上主義のわたしは、「さてさて、神宮寺くんよりも推されているきんぐとやらを見てみようじゃないか」と思うわけです。立ち位置ww

 

きんぐちゃんを初めて見たわたしは絶句します。「かわいい…かっこいい…キラキラ…これは売れる…推されるわけだ…!!!!」平野紫耀くんと永瀬廉くんと髙橋海人くんを初めて認知しました。キラキラが半端じゃない!!!!!歌ってもキラキラ、踊ってもキラキラ、トークしてもキラキラ。ああ、これがいまジュニアのトップにいる選ばれし人たちかと。顔だけじゃない。パフォーマンスが最高かと!あっという間にきんぐがだいすきになりましたし、あっという間に気づいたらセンターに立つ男の子がだいすきになりました。センターだいすきな性癖出てますw歌ってもかっこいい、踊ってもかっこいい、しゃべったら(ば)かわいい平野紫耀くんに夢中になりました。

かいちゃんと披露した関ジャニ∞のブリュレのダンスがだいすきすぎて、しぬほどリピートしました。平野くんのダンスセンスダダ漏れてる。漏れすぎている。わたしも踊ってみたくて踊ってみたけど、BBA転びました。あの足さばきすごすぎ。わたし運動神経なさすぎ。あと、キンキのスワンソングのパフォーマンスもだいすきでして。まずあの真っ赤な衣装大好き芸人なんです。スワンソングの振り付けしぬほどカッコよくないですか?「桟橋を走ってる♬」のところで一旦しゃがむ平野くんがそれはそれはキレッキレで素敵で。全世界抱き捨ててた。スワンソングを歌うきんぐちゃん綺麗すぎて儚さすら感じませんか?きんぐちゃんにバトンを持たせてくれた振付師さんありがとう。そしてなにより、OH!サマーKINGでラブとラブでスペシャルハートな平野くん。この世の可愛い全部集めたみたいなかわいさで、あのハートからひょっこり覗かれるキュートな瞳に恋に落ちました。

ジャニーズと言えば細身な男の子が多い中、鍛えてなくても筋肉がつくという恵まれ過ぎな体形で、ちょっとハスキーででも歌が抜群にうまくて、センスに溢れたダンスを披露して、あんなにかっこいいのに笑ったら最高に可愛くて、しゃべるとばかで(はっきり言ったー!w)。ああ、この子が、この子たちがデビューしてもっとたくさんの人に知られて大きくなっていく姿を見たいと思いました。きんぐちゃんかわいいかわいいBBAの誕生ですw

 

きんぐちゃんを見つけたと同様にぷりんすくんも認知しました。わたしが知っている神宮寺くんと、あまりにも可愛すぎる岩橋くんと。…………え、なにこの子すごい気になる。岸くんの第一印象です。かっこいいとかじゃなくて気になるってところが岸くんらしいし、なにより沼の深さ感じるw

わたしが初めて見た岸くんは、横をがっつり刈り上げて周りから不評だったというあの髪型の岸くんです。ジャニーズらしからぬ髪型の彼が気になって仕方ありませんでした。単純に他のジュニアにはいない髪型で区別しやすかったのもありますwもともと短髪好きなわたしは、あの髪型をわりとすんなり受け入れたんですけどね。髪型だけじゃなくパフォーマンスも気になる。なにこの子、踊ってる時めっちゃ煽ってくる。(わたしは岸くんが踊る時によくやる手をくいくいっとこっち来いよというような動作を煽りだと認識していますw)かと思えばターンが綺麗すぎる。脚もすらっと長い。てか手!!指!!きれいかよ!!!!(手フェチ)なにこの子、気になるポイントしかない。でも、すぐにすきになった平野くんとは対照的に岸くんのことはしばらく「一番気になるジュニア」でした。すきとかいう感情の以前に気になる。気になって仕方ない。つい目で追っている。

 

そんな岸くんに落ちた瞬間をわたしは明確に覚えています。11月23日に放送された少クラ生放送でのこと。Sexy ZoneとPrinceは視聴者投票により魅惑のキス顔を披露することになります。Sexy Zoneのメンバー、神宮寺くん、岩橋くんがかっこよく、時に可愛くキス顔を披露する中大トリの岸くんは…………全力の変顔。はい、落ちました。まさかの少クラ生放送のキス顔(変顔)落ちです。キス顔披露の瞬間、岸くんの魅力がぜーんぶ詰まっているような気がして。キス顔披露する前にふうまくんやしょうりくんに「岸頼むぞ!」「岸はいいんじゃね?」といじられる様から普段の岸くんの人となりが垣間見れたし、大トリということでただじゃ終わらない、落とすところは落とす岸くんに仕事できるなこの子と感じたし、キス顔(変顔)したあとに「岸すげえ吸われてたけど」と言われた後に「まじっすか」とはにかむし、キス顔(変顔)をやり遂げたあとぷりんすくんから褒め称えられてるし、あの数秒に岸くんをすきになる要素以外ありませんでした。悔しいけど認めました。気になってるという言葉で逃げていたけど、わたしはこの人がすきだ。だいすきだ。夢中だ、と。

 

そんなわけで、ふたりのジュニアに落ちました。でも、こんなまるで自担について語るみたいなすごい熱量で語った平野くんと岸くんですが、担当ではありません。担当って呼びたくて仕方がないけど!!!!!わたしは担当とは呼べない!!!!!!呼ばない!!!!!

 

何故かと。簡単です。彼らがジュニアだからです。彼らの放つあまりのキラキラに勘違いしそうになりますが、彼らはまだデビューしていないジャニーズジュニアだからです。

 

わたしはきんぐちゃんもぷりんすくんもすきですが、なによりキンプリがすきです。理由は分かりません。わたしはリアルタイムでキンプリ6人での活動を知りません。でも、6人が揃うとわくわくして仕方ないんです。少クラでBTNを披露してくれた時それはそれは心が踊りました。最強で最高の才能で最速で最新の最前線で轟く彼らはそれはそれは素敵でした。わたしがジュニアをすきになったころにはキンプリは解体していてきんぐちゃんとぷりんすくんは別々に活動していたので、初めてキンプリを見ました。本当に素敵な6人だと思わずにはいられませんでした。

 

ジュニアは移り変わりの多い世界です。セクボがすきだったひとがいる。なにきんがすきだったひとがいる。それぞれの時にしかないそれぞれの魅力があるから仕方がないことです。そんな中わたしはキンプリがすきです。Mr.KINGとPrinceがすきです。もし今後きんぐちゃんがバラバラになり別の人とユニットを組んだら、ぷりんすくんがバラバラになり別の人とユニットを組んだら。きんぐちゃんだけでデビューしたら、ぷりんすくんだけでデビューしたら。耐えられるだろか。きっとわたしはキンプリを懐古してしまう。わたしが体験できなかったあの夏をずっと思い続ける。あの6人最強だったのにな、と。何故だかわからないけど、どうしようもなくキンプリに惹かれているわたしがいるから。

 

わたしは弱いヲタクです。いつまで続くかわからないジュニアのいまをただ純粋に応援することができません。ジュニアを見ると「いつまでいてくれるかわからないから、いまを精一杯応援しなきゃ。すきだと伝えなきゃ。」という焦りに似た気持ちに駆られてしまいます。デビューに向かうワクワクした気持ちもあるけど、それよりもいなくなってしまう時のことを想像してしまう自分がいます。ジュニア、このグループがいてくれることは当たり前じゃないから。いなくなるときにさよならも言えないから。いまこの瞬間を逃すともう2度と会えないかもしれないから。グループの解散や脱退がある今、これはデビュー組にも言えることだとは思いますが、ジュニア相手になるとこの感情が特に強く出てきてしまいます。そんな焦りにも似た感情を抱きながら「担当」を応援することはしんどいなと。自分が傷つかないための予防線を張ってるだけなんです。でもこれがわたしがジュニアを担当と呼べない、呼ばない、呼ばないようにしている理由です。

 

岸くんは先日の少クラで「Princeとしてブレイクしたい」とはっきり言っていました。目標を明確に語ってくれる姿、ますますすきになりました。でもやっぱり心のどこかで「キンプリは諦めなくちゃいけないんだな」と感じて寂しくもなりました。キンプリという物語を見続けることはできないんだなと。キンプリという物語を諦めなくてはいけないんだなと。わたしにとってジャニーズは趣味なので、基本的に楽しく応援したいんです。そんな中いちいちこんな感傷的な気持ちになるのはやっぱりしんどいなと。ただ純粋にすきという気持ちだけで応援できないなと。きっといつデビュー出来るんだろうとソワソワしてしまうし、デビューまでの順番を数えてしまう。彼の前にいる背中の数にため息をつきたくなってしまう。番組や雑誌での取り上げられ方に時には文句を言いたくなってしまうかもしれない。わたしはたぶん性格的にジュニアのファンに向いていないんだと思います。外野から彼らの可愛いところだけを見ていたい。つらいところを見る覚悟がないから。

 

わたしは平野紫耀くんと岸優太くんを限りなく担当と同じ熱量で応援します。でも、担当ではありません。それは彼らがまだジュニアだからです。

 

はやく声を大にして担当だと呼びたいから。どうか諦めずにデビューを目指してね。キラキラしててね。

 

なにより幸せになってね。