読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キミの夢に忍び込みたいんだ

ポップでキュートな夢見るジャニオタ

わたしがおちたきっかけ

 

初めまして。おむらいすと申します。

 

V6の森田剛くん、Sexy Zone佐藤勝利くん、ジャニーズJr.の平野紫耀くん、岸優太くんがすきな社会人です。くそDDですwしかも振り幅wwwちなみに担当と呼べるのは剛くんとしょうりくんで、平野くんと岸くんは担当と呼びたくて仕方ないけど、担当というくくりには置いていません。これはまた別の記事で書ければ。

 

ずっとブログをやりたいなと思っていたけど、やり始めるきっかけもなくて。でも、日々募るこの想いをどうにかしたい!と思い、思い切ってブログを始めてしました。わたしがジャニーズに落ちたきっかけのひとつに、ブログがあります。すきな人ができたらとことん調べるインプットだいすき人間なわたしですが、だいすきなアイドルのことをすごい熱量で面白おかしく書いてあるブログがわたしはだいすきで。やっぱり楽しそうに語られるのを見ると、「なんだかこの沼楽しそうだぞ?」と興味が惹かれるじゃないですか。このブログも誰かにとってそんなひとつになれたらなと思い書いています。いつまで続くかわかりませんがw

 

そんなわけで最初の記事はわたしがジャニーズに落ちたきっかけを書いていこうと思います。

 

わたしは元々ジャニーズというかっこいいお兄さんたちがだいすきでした。小学生の頃から何故かKinKi Kids永遠のBLOODSやsolitude 〜真実のサヨナラ〜、タキツバのHatachi、To be, To be, Ten made To be を買っていました。今じゃ考えられないけど、特典がVHSだったんですよ…時代wwwでも、キンキやタキツバに特別ハマるということはなく、がっつりハマったのは錦戸亮くんでした。小学生だった当時ごくせんがそれはそれは流行っており、クラスでは赤西派と亀梨派に分かれ(ちなみにわたしは亀梨派)(いら情)、野ブタも大流行し青春アミーゴのCDはそれはそれは当然に買いました。そんな中何故か錦戸亮くんにハマるわたしwきっかけは今となっては全く覚えてませんが、とにかくすきですきでだいすきでたまりませんでした。NEWSのチェリッシュ、関ジャニ∞のイッツマイソウルにめちゃくちゃハマり、いまでも聴くと胸がざわつく青春ソングですw(友達にもイッツマイソウルの振り付け覚えさせて本当にごめんなさい)

 

当時ファンクラブには入っていなかったわたしですが、奇跡的に関ジャニ∞の地元のコンサートの一般が当たり、2階席の後ろから2番目というくそ天井席で初めてだいすきな亮ちゃんを見ました。初現場です。カッコよすぎて度肝抜かれました。あと、すばるのソロがそれはそれはカッコよくてエロくて胸がいっぱいになりました。MCで一言も喋ってくれなかった亮ちゃんをわたしは忘れません。(何年根に持つww)

 

そんなわたしの青春を捧げるほどだいすきだった亮ちゃんですが、自然と熱が冷めていきます。ちょうどその頃EXILEにTAKAHIROが加入し、一緒にジャニーズを応援していた子がみんなLDHに流れていったんですよね。その流れにわたしもなんとなく乗り、自然とジャニーズから離れていきました。(LDHにはたいしてハマらなかったけどw)また、高校時代は周りにジャニーズ好きがおらず、ジャニーズとは無縁な生活を送っていました。

 

そんなわたしが再びジャニーズ沼にハマるきっかけになったのが岡田准一さんです。 大学2年生の頃、ゼミの関係で友達とは違う授業を取っており、ひとりだけ空きコマの時間がありました。そんなときは暇つぶしに図書館に行ってDVDを見るのが日課でした。 そこでふと観た図書館戦争が沼への入口でした。その年の始めに永遠の0を観に行き、おかだくん主演の大河ドラマ軍師官兵衛もちょくちょく観ていて、単純にかっこいいなあとは思っていたんですけど。図書館戦争観たらどちゃくそかっこいい堂上教官がいまして。しかも運が悪いことに(?)大学の図書館に置いてあったのがプレミアムBOXでして、特典映像をひたすら観る日々が続きました。(大学の図書館職員に岡田担いるって信じてる) (あと単純に当時付き合っていた人と別れたばかりで時間があったっていうのが大きいw)「あぁ、やっぱりおかだくんは顔がかっこいいなあ」と。じわじわとおかだくんが気になり始めたわたしはおかだくん出演作をひたすら観る日々が続きました。また、おかだくん出演作を見るだけでは飽き足らず、V6にも手を伸ばし始めました。大きな声じゃ言えないんですけど、某ニコ〇コ動画になか〇しっ〇すというV6の動画を面白おかしく、時にミラクルかっこよくまとめてくれているタグがございまして、それを見てからゴロゴロとV6沼に落ちていきました。わたし世代にドンピシャな学校へ行こうの動画には腹を抱えて笑い、歌番組でパフォーマンスしている動画にはそのカッコよさに鳥肌が止まりませんでした。それが2014年10月ごろの話です。

 

しかし、久々にジャニーズにはまる、しかもこの年で、という現実をなかなか受け止めきれないわたしは、V6のテレビ出演を茶の間最前で心から楽しんでいたのに今一歩踏み出せずにいました。そんなわたしを完全にV6沼に落としてくれたのは2015年1月に買ったSky's The Limitの初回B盤に映るV6でした。たまたま行ったCD屋にたまたま残っていたスカリミ初回B盤を手にしたわたしはV6のかわいさに衝撃を受けます。「なにこのゆるさ!かわいさ!すきだ!!」落ちました。完全に落ちました。V6ヲタクがここに誕生しました。V6に落としてくれたスカリミ初回B盤はわたしの中でとても大切な作品です。

 

もっと彼らのパフォーマンスが観たくなったわたしはネットで評判の良かったSexy.Honey.Bunny!コンのDVDを買いました。そこで出会ってしまったんです。森田剛くんに。(何)わたしは入り口がおかだくんなだけあり、おかだくんがすきでしたし、ファンクラブはきっとおかだくん名義で入るんだろうなとなんとなく思っていました。そんなわたしにセクバニコンの剛くんはあまりにも衝撃的過ぎました。ダンスがかっこいい。歌がかっこいい。存在しているだけでかっこいい。ジャニーズでも1,2を争うダンスのうまさを誇る剛くんのすべてに魅了されました。あんなに小さな体なのに誰より色気があって。誰よりもキレキレで。魅せ方を分かっていて。ああ、これが天才森田剛かと。森田剛という才能に落ちていました。何より強く、わたしは森田剛くんの担当だと言いたかった。森田剛くんの担当ということを自慢したかった。コンサートに入るなら剛くんのうちわを持って入りたいと思った。剛くんに「あなたにこんなに魅了されている人がいる」と知って欲しかった。剛くんに出会えた感謝を伝えたかった。そんなわけで森田剛くんの名義でファンクラブに入会しました。

 

きっと剛くんってあの立ち振る舞い、言動から誤解されてしまうことも多いと思うんですよ。実際わたしもすきになるまでは怖そうでやんちゃなお兄さんだと思っていたしwでも実は誰よりも愛があって知れば知るほど魅力的な人で。剛くん沼は深いぞと声を大にして言いたい!!!!!!わたしがV6にハマった年はありがたいことにV6の20周年イヤーの年で露出もめちゃくちゃ多くて。ベストアルバムも発売されて(5形態すべて購入)。ヲタクやるのがスーパー楽しかったです。さらにありがたいことに剛くんのうちわを手にして、アニバコンにも参戦させていただきました。夢に見るほど会いたかったV6にようやく会えた日をわたしは一生忘れないです。剛くんが車椅子エリアの人たちと仲良くハイタッチをしていた姿を見てしまったわたしは、もう何度目か分からないほど剛くんに恋をしました。わたしのヲタク元年はそれはそれは大充実したものになりました。

 

その翌年わたしは大学を卒業し社会人になりました。シフト制の仕事についてしまったため休みが読めず、また新入社員が休みなんてとっていいものかと弱気になりどの現場にも申し込むことができませんでした。なにより学生から社会人になったことで気持ちの余裕がなくなり、V6をうまく追えない日々が続きました。それでも昨年発売されたBeautiful Worldは全形態買ってるし、剛くん主演の映画ヒメアノ~ルは3回観に行ってますw気持ちの問題ですねww

 

そんなV6からなんとなく離れていた時期にたまたま友人に誘われて観たのが、Welcome to Sexy ZoneのコンサートDVDでした。V6のコンサートにはない太鼓を使った演出やたくさん出てくるジュニアに度肝ぬかされましたし、新しいジャニーズの世界を見出しました。なにより若くてキラキラが半端じゃない!!!V6のことをキラキラしてないなんて全く思っていませんが、やっぱり10代、20代前半の男の子たちのキラキラがすごい!!!!虜でした。

 

もともとSexy Zoneは気になっていました。3人になったりして大変だな、と外野ながら思っていました。そんな中5人だけで(バックにジュニアをつけずに)出演した2015年のMステスペシャルで真っ赤なバラを背負ってデビュー曲を歌うSexy Zoneにはそれはそれは衝撃を受けました。この子達、綺麗すぎると。地味に黒崎くんの映画は観に行ってたし(ケンティの言いなりになりたいと叫んだ)、夜会にSexy Zoneが出る日はたまたま飲み会が入ってしまい、親に頼んで録画してもらうくらいだったので、今思うとこのころにはもうだいぶSexy Zoneのことがだいぶ気になって仕方なかったんでしょうねwwwこれまたV6のときと同じように気になり始めたら止まらないたちなので、Sexy Zoneのことを調べ始めました。噂に聞いたことのあったセクチャンが死ぬほど面白くて、来る日も来る日も動画をあさって。3人時代の歴史も学んで。こういう症状出るのは2回目だったので今回結論を出すのは早かったです。「わたしはSexy Zoneがすきだ。佐藤勝利くんがすきだ。」速攻でファンクラブに入会しました。社会人お金あるからねw怖いねwなんとなくSexy Zoneなら松島聡くんが気になるなと思っていたのですが、なんと落ちたのは佐藤勝利くんでした。無類のセンター好きなようですwwしょうりくんのお顔がまずすきなんですけど(顔ファン乙)、センターに立つしょうりくんがなによりすきで。V6って6人なんでばっちりセンターってあんまり決まらないじゃないですか。(デビュー当時は明らかに剛くんがセンターだったけど、最近では全員センターはれるスーパーグループだと思ってます)でも、Sexy Zoneの0番って言ったら圧倒的にしょうりくんで。Sexy Zoneの0番背負うとんでもなく顔が美しい少年に落ちました。いまだにSexy Zoneが全員揃ったところは見たことありませんが、先日ジャニアイには参戦してきました。春魂行くぞ~~~~!!!!!

 

Sexy Zoneをすきになって新たに日課に加わったのがザ少年倶楽部でした。恐ろしいほどに沼があちこちにあります。最初はSexy Zoneの出演部分だけ観ていたけど、いまでは60分これでもかと楽しませてもらっています。この番組、本当に沼が深い。ジュニア沼やばい。ジュニア沼にハマったらやばいと気づきつつ、たぶんもう抜けられないところに来ています。ああ、平野紫耀くんと岸優太くんを担当だと叫んでしまいたい。でも、今はまだできない。早くこのことも書きたい(書けば)。

 

こんな感じで沼にハマりいまはV6沼、Sexy Zone沼にどっぷり、ジュニア沼に片足突っ込んでる感じです(片足と言い張る)。

 

 

よく、「剛くんも勝利くんも両方すきなの?担降りしないの?」と聞かれますが、担降りはしません。だって剛くんも勝利くんも同じくらいだいすきだし。すきなところが全然違うし。あと、剛くんと勝利くんでは見たい夢が違うし。ジャニオタにわかりやすいように「担当」という言葉を使ってはいるけど、担当なんて簡単な言葉では片づけたくないほどに大切でだいすきな人たちです。

 

現場からは以上です(?)

 

なあなあ!!!この沼楽しいよ!!!!来ちゃいなよ!!!!!!(終わり方わからず謎のテンション)